ファンデでもカバーできないほうれい線はPRP注入がオススメ

10代のころは気にならなかった小鼻の横のほうれい線。
20代後半に入ったあたりから、知らない間にうっすら見えるようになって悩んでいる人は多いと思います。

鏡を見るたびに無意識にほうれい線に目がいって、ため息をつきながらもどうにかメイクでごまかせないかな頑張ってみたり…。
まだ薄いうちは確かにメイクでごかせるこは簡単ですが、だんだんしっかりできてしまったほうれい線は手強いでしょう。

ほうれい線をカバーするには、ファンデーションはリキッドがオススメ。
パウダーファンデーションはリキッドに比べると、肌になじみにくいので塗ってから時間が経ったときに肌との一体感があまりありません。
だんだんと、ほうれい線のところにファンデーションがたまってくるような感じで、はじめは気にならなくても何時間かすると目立ってしまいます。
リキッドファンデーションの場合は肌に張りつく感じになり、パウダーファンデーションのように浮いた感じにはなりにくいです。
リキッドだと目立たないかというと、残念ながらそんな奇跡的なことはありません。

ですが少しでもマシになるやり方があります。
それは、ほうれい線のところだけリキッドファンデーションはうっすら塗ることです。
ほうれい線は顔にある溝です。隠したくなってファンデーションで埋めてしまいたくなりがちですが、逆効果です。メイク直後はかなり隠せたような気になりますが、顔の皮膚が動くたびに、ほうれい線のところに塗り過ぎたファンデーションがかたまっていきます。
埋めたい気持ちを我慢して、すっごく薄めにつけてフェイスパウダーをするだけの方法が一番目立たないと思います。
スッピンの時よりは少し、色がついて目立ちにくくなりますし、時間が経っても薄くしかつけていないので、その部分にたまって線が目立つこともあまりありません。

顔を化粧水で保湿したり、美容液で弾力を復活させる努力も必要ですが、メイクのテクニックでもほうれい線の悩みを解消しましょう。

それでも解決できないような頑固なほうれい線には、PRP注入がオススメです!
PRP注入が可能なクリニックはコチラ⇒prp ほうれい線を参考にしてみてくださいね☆